うつ病予防と改善方法としての瞑想のススメ

うつ病

まず、何が良いかって、動かなくてもできることです。

うつ病になると、症状がひどいとベットから起き上がれなくなります。

私もそうでしたが、これは本人の意思とか関係なく、動けないんですよ。




投薬と運動と認知療法とは医者から薦められる

うつ病の治療として、一般的には抗うつ剤を始めとした投薬治療、

散歩を始めとした運動と、認知(行動)療法と言われている

歪んだ思考方法や考え方を修正する(完璧主義をやめるetc)治療方法は

医者からも薦められると思います。

でも、瞑想を薦めてくれる医者はなかなかいないと思います。

呼吸瞑想の方法

有名なのはマインドフルネス呼吸法(無になるのではなく、一つに集中する)

  • 姿勢を正す。力をいれないで保てる姿勢、寝たきりに寝ててOK。
  • ゆっくり呼吸をする。(吐くほうが長め、吸う時と吐く時の切り替え時に一旦止まる)
  • 呼吸に集中する。吸う息の温度・触感→口から肺、横隔膜までの呼気の感覚→逆に吐く時の感覚に集中する。これの繰り返し。
  • 呼吸以外の外部の音とか手足の感覚に意識それたと思ったら、一旦止まってやり直す。

本やYouTubeでも数多く紹介されてます。

呼吸瞑想の他にも歩行瞑想、食事瞑想など

マインドフルネスは一つに集中することですから呼吸以外でも

やり方はたくさんあります。

例えば、散歩の時には足の裏の感覚、足が風を受ける感覚に集中するとか、

食事のときはスマホ・テレビなどをみずに、食事のにおい・触感・味・喉を通る感覚に

集中するなど自分にあった方法をみつけるのもいいと思います。

要は何か一つに集中することで、不安などのネガティブなことを考えずにすみますので、

治療の一環に試してみてはいかがでしょうか?

↓クリックをして頂けたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ




うつ病
うつからFIREを目指すブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました