うつからしれない貴方を救いたい[うつ病 予防・治療方法]

うつ病

これを読んでいる人はストレスを感じている、うつかもしれない考えている、

頭痛などの症状がでていたり、ひどいときはベットから起き上がれず、

自分の意思とは関係なく体が動かない人もいるでしょう。

そんな人に少しでも助けになれば思い、自分の経験からよかった対処方法、

やればよかった対処方法を紹介します。

大丈夫、仕事がふられるのはあなたができる人だからです。

できないとわかっている人に仕事はふられません。




対処方法

自分と他人に求めるレベルを下げる(完璧主義をやめる)

自分の100%パフォーマンスを常に出さない、60%ぐらいで十分のつもり。

他人に自分と同じレベルを求めない。

あなたが100与えても、他人は10も返しくれないかもしれない。

体調の悪さを感じたら休む

代わりがいない、上司・客先からのプレッシャーなどあるしれない。

あなたを最初に助けられるのはあなただけです。

会社は絶対に助けてくれない。と思っていたほうがいいです。

給与以外の収入を得る(他の手段は探しておく)

株式投資、不動産投資、せどり、アフィリエイト、ポイ活など、

世の中にはいろいろ収入を得る方法はたくさんあります。

あなたにあった方法を調べて、それで少しでも収入を得たら、

今の仕事への気持ちも変わります。ようは仕事をやめても何とかなると強気になれます。

今まで給与以外でお金をもらってきてなく、給与以外でお金をもらえる感覚をえるだけでも違うと思います。

瞑想をする(深呼吸だけでもOK)

気づくと息を止めていませんか?そんな人は深呼吸するだけでもストレス軽減になると思います。

呼吸瞑想、マインドフルネスなどやり方はいろいろありますが、

要は何かに集中することによって悩みなどを考えなくて済む状態になることです。

運動する(簡単なものでもOK)

精神科医にかかると必ず勧められるのが散歩だが、

散歩ができる時点でけっこう回復している。

家の縁側、ベランダ、玄関先に出るとか、ベットから起き上がるとか

今の自分にできる簡単なことでいいです。

大事なのは、続けること。

私の場合は起き上がれるときは早朝に散歩している(熟睡できないので自然とこの時間)。

もともと長時間歩くのは苦ではなかったので、自分に合っている方法なのだ。

後、筋トレもいいらしいので、続けている。筋トレで大体は解決すると書いてる本もある。

俯瞰、客観的にみる

主観でみなくて、一歩ひいた立場、幽体離脱している気持ちを現状をみる。

これができるかとベットから起き上がれないときも、

他人事のような不思議な感じがして、なぜか笑えてくる。

最終手段は仕事は辞める

どうしようもないときは会社に連絡しない、

辞めたいなら退職代行という手も検討。(数万で代行してくれる)

↓クリックをして頂けたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ




うつ病
うつからFIREを目指すブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました